経営サポート隊通信 | 大阪の経営支援ならプラス・パートナー
経営サポート隊通信
経営サポート隊通信

Vol.115 2021年7月号

2021年07月02日

皆様お元気でお過ごしでしょうか。
今月も経営サポート隊通信を
元気にお届けいたします!

【河合由紀子のちょっとイイ話】
5月から掲載している島精機製作所創業者の島正博氏のインタビュー記事が好評をいただいていますので、今月も続きを掲載したいと思います。(日経ビジネスオンライン 2020.11.27 「島精機・島正博氏(2)9歳の夜にクモの巣がくれたヒント」より)
『終戦から遡ること1カ月余り。1945年7月9日、和歌山は大規模な空襲に見舞われました。8歳だった私は家族と一緒に、自宅の裏山にあったお寺の墓地に避難しました。何とか逃げ切って自宅の方を振り返ると、焼夷(しょうい)弾が家に直撃して火の手が上がるのが見えました。墓地から見えた、和歌山城の天守閣が炎上して夜空を赤々と染めている光景を忘れることはないでしょう。多くの死傷者を出したこの空襲で和歌山は市街地の43%が焦土と化しました。朝を迎えると、辺り一面は焼け野原です。父は南方に出征したまま音沙汰なしで、安否も分かりません。後に終戦から3年がたってようやく戦死通知が届いたのですが、一緒に届いた白木の箱に入っていたのは「島武夫」と書かれた木片だけでした。「自分が大黒柱として家族を支えないといけない」。まだ幼い少年でしたが、焦土を前にしてこう強く思いました。まずは住むところをどうにかしなければなりません。ところが、バラックを建てようにも資材なんてどこにもない。焼けたトタンを拾ってきて屋根をふき、墓地にある角形の立派な卒塔婆を引き抜いて柱にしました。「すんません。こんな時なので堪忍してください」。手を合わせて12本ほど拝借しました。
住むところが確保できたら、次は食べ物です。とにかくおなかがすいて、毎日ふらふら。お金がないので、自分でつくるしかありませんでした。がれきを取り除きながら耕して、1年をかけて家の周りの100坪ほどを畑にしました。カボチャ、サツマイモ、ナス、キュウリ、トマト……。家族ではとても食べきれないぐらい。近所にお裾分けをしたり、物々交換をしたりしていましたが、そのうち天ぷらにして売ることを思いつきました。ただ、物資不足で油が手に入りません。闇市に出かけて天ぷら屋台のおじさんに分けてもらえないかと頼んでみました。「商売敵を増やすようなことできるか」と、最初はにべもありませんでしたが、父が帰らないことを打ち明けると、気前よく一升瓶を持たせてくれました。油は一級品で、海でとってきたキスやエビ、畑でとれた野菜でつくった天ぷらは飛ぶように売れました。
家族で食っていくために、できることは何でもしました。野菜くずとサザエの殻を混ぜたもので鶏を育てて卵を産ませる。空気銃で撃った野鳥や池で釣った食用ガエルを現金に換える。炭俵に細工をしたわなを川の貯木場に沈めてウナギを捕る。とにかく生きていくのに必死でした。祖父も戦後まもなく亡くなりました。祖母と母と妹を抱えて、ゼロから生活を立て直していく中で培ったハングリー精神と、生き抜くために日々繰り返した創意工夫。それが私の原点です。
9歳のころ、家族が当時大流行していた腸チフスで入院し、数日間を1人で過ごしたことがあります。「南無阿弥陀仏」と書かれた柱の立つバラックの家にはラジオもありません。夜になるとすることもないので、窓に張ったクモの巣を観察していました。クモは巣の真ん中に陣取り、ハエや蚊のような獲物がかかると素早く捕獲してまた真ん中に戻る。真ん中にいると全方位が見渡せるし、いつも獲物に対して至近距離で迫れる。カマをかけて端に構えて、裏をかかれるようなことはないわけです。クモは賢いなと。これがその後の人生のヒントになりました。行き詰まったときには一度ご破算にして、原点に立ち返る。そうすれば全方位で進路を考え直せます。積み上げたものを捨てるのは勇気が要りますが、後退することによって、これまでと反対の道を選ぶこともできる。全自動手袋編み機の時もそうでした。指先を丸く編む機能を棚上げして再挑戦したわけです。これまでの延長線上でしか考えないのでは進歩は望めません。』

この後オイルショックの際の危機へと話は続きます。次回をお楽しみに。


2021年7月の金言

2021年07月02日

word210107


Vol.114 2021年6月号

2021年06月01日

皆様お元気でお過ごしでしょうか。
今月も経営サポート隊通信を
元気にお届けいたします!

【河合由紀子のちょっとイイ話】
今月も先月に引き続き、島精機製作所創業者の島正博のインタビュー記事の続きをお届けしたいと思います。
『初期型は手袋の指先を丸く編む機械でしたが、ひとまずは性能を落として指先を角形に編む方式に変更して再挑戦することにしました。ただし、懐は火の車です。資本金100万円に対し借り入れは6000万円。赤字額は300万円。さらに1カ月後の12月25日には60万円の手形の決済が迫っています。「島精機は潰れるで」と地元ではうわさが飛び交い、株主の一部は資金を引き揚げ、地元銀行は融資をストップ。妻・和代の通帳から無断で全額を引き出して、職人たちの給料の支払いに充てたほどです。なんとかしのいできましたが、もう打つ手はありません。和代からは「家に一銭も入れていない」と詰め寄られ、銀行からは「預金不足で電話代や電気代が引き落とせない」と矢のような催促がありました。
まさに背水の陣で、12月2日に新型の編み機の開発を始めました。「たんかを切った以上は何が何でもやり遂げる。そのためには寝ないようにしたらいいだけやんか」。そんな気持ちでした。12月に寝たのは22時間だけ。意識がもうろうとして機械に手を挟まれ、病院に運ばれるアクシデントもありました。それでも時間は足りません。紙に図面を起こしていては到底間に合わないので、私が8人の職人に直接、口頭で指示をしながら開発を進めました。数字が4桁になってしまうと、とても頭で覚えきれません。寸法をすべて偶数にすることで桁数を減らしました。編み機の性能を落としたのだから3週間もあれば完成すると踏んでいましたが、時間ばかりが過ぎていきます。焦りが募るなか、相棒の後藤武治専務は「死亡保障の生命保険に加入しておくべきや」と提案してきました。私が1500万円、専務が500万円、2人で2000万円の保険に入って、借り入れの返済原資にすることにしました。いざとなったら、会社のすぐそばを走る国鉄の列車に飛び込もうという覚悟です。編み機は完成せず、資金繰りのめども立たないまま、とうとう手形決済の前日を迎えます。「もう列車に飛び込むしかないか」。ぼんやりとそんなことを考えながら開発を続けていると、夕方に風呂敷包みを持った見知らぬ男性が会社に私を訪ねてきました。「決済に間に合うよう金を持ってきたで。領収書も何も要らん。返済は金ができてからでええから頑張りなさい」夢か現実か、私はあっけにとられました。受け取った風呂敷包みの中には100万円の現金が入っていました。あの重みは忘れることができません。男性の正体は大阪で上硲金属工業を経営する上硲俊雄社長でした。このクリスマスイブの奇跡をお膳立てしてくれたのは、和歌山県の仮谷志良経済部長。のちに和歌山県知事になる仮谷さんは、早くから私の技術力に注目してくれていたそうで、私の窮状を聞きつけて部下にスポンサー探しを指示していたのです。
九死に一生を得た私はこの日から1週間、ほぼ一睡もせずに開発に没頭しました。座ると眠くなるので食事は立ったまま。当時出回り始めた大正製薬の栄養剤「リポビタンD」を水代わりにして作業を進めました。大みそかを迎えてようやく試作機ができあがりました。想定では、スイッチを押してから2分15秒で手袋が編み出されるはずです。白浜行きの列車が和歌山駅を出発する午後3時ちょうどにスイッチを押しました。もし手袋が出てこなかったら、会社の近くにある警報機のない踏切からその列車に飛び込むつもりでした。生きるか死ぬか。命をかけてスイッチを押すと、機械は軽快な音を立てて動き出しました。2分15秒があんなに長く感じられたことはありません。時間通りに、指先から手首まで一気に編み上げられた手袋が出てきました。「ああ、死なずに済んだ」。やれることをすべてやりきっただけに、うれしさもひとしおでした。こうして島精機と私たちは最大のピンチを乗り越えたのです。私を支えたのは絶対にあきらめないというハングリー精神と、創造への熱い情熱です。それは、空襲を受けて焼け野原になった和歌山のまちで培ったものでした。


2021年6月の金言

2021年06月01日

word210105


2021年5月の金言

2021年05月01日

word2105


Vol.113 2021年5月号

2021年05月01日

皆様お元気でお過ごしでしょうか。
5月になりました。
今月も経営サポート隊通信を
元気にお届けいたします!

【河合由紀子のちょっとイイ話】
日経ビジネスオンライン(2020.11.20)で、島精機製作所の創業者であり会長である島正博氏のインタビュー記事を見つけました。戦後、様々な困難に見舞われながらも、前進を続けてきた不屈の精神が語られています。興味深い記事でしたので、今後も少しずつ掲載していきたいと思います。
『私が生まれ育ち、80年あまりの人生を送ってきた和歌山は、古くから繊維産業と縁の深い土地柄です。振り返ってみれば、アパレル産業を改善したいという思いに突き動かされて走り続けてきました。
子どものころからいろいろなものを発明してきましたが、人生の原点となったのはやはり16歳の時に発明した「二重環かがりミシン」でしょうか。メリヤス工場に勤め、家では軍手を編む内職をしていた母の苦労を少しでも減らしたいと思ったのがきっかけでした。当時の軍手は、甲の部分と手首の部分を別々に編んでから手作業でつなぎ合わせる工程が必要でした。私が発明したミシンなら、セットするだけで簡単につなぎ合わせることができます。仕上がりの強度も伸縮性も十分。結果、1日当たり1人3ダースだった生産量が、20ダースまで増えました。
繊維産業の課題解決に挑み続けるうちに至った一つの到達点が、無縫製ニット「ホールガーメント」の横編み機です。衣料品をまるごと立体的に編み上げる技術で、生地を裁断する必要もなければ、縫製もいりません。コンピューター上でデザインし、そのデータを入力すると、普通のセーターなら約30分、凝ったワンピースでも1時間ぐらいで、3Dプリンターのように完成形が機械から出てきます。好みの色や形で、ぴったりのサイズ。そんな世界に1着だけの服を、それほど高くない価格でオーダーメードできる。そんな仕組みが整えば、顧客の精神的な満足度は高くなるし、同時に生産や在庫、流通のロスもなくなる。人類の欲求を満たしながら、地球環境の保全にもつながります。
そんな目指す姿の実現が見えてきましたが、たくさんの困難に立ち向かった人生でした。これでダメだったら命を絶とうと覚悟したことすらありました。まずは私にとって人生最大のピンチだった1960年代、島精機製作所を創業した直後のことをお話ししましょうか。
いまから56年前。1964年の11月末、私は人生の崖っぷちにいました。全自動手袋編み機の開発を目指して創業してから3年目。初期型の機械はすでに完成していたのですが、なかなか思うように動いてくれません。一度に多くの機能を求めた結果、構造があまりに複雑になってしまい、部品の精度も生産体制もその要求に応えられなかったのです。見切り発車で製品化して売り出したものの、故障続き。加えて代理店の商社と販売価格をめぐって亀裂が生じました。我々は工場出し価格に10万円を上乗せした40万円を売値として希望していましたが、先方は75万円に設定して譲らない。こんなに高くてはとても売れないし、私が商売の心構えにしている「たらい理論」にも反する。
たらいにためた水を手前に引くと、一瞬は水位が上がるけれども、すぐに水が指から抜けていってしまう。逆に水を奥に押しやると、たらいの縁にぶつかった水が高くなって戻ってきますよね。まずはお客さんにもうけてもらえば、繰り返しの注文が入って利益が巡ってくる。それが創業時からの私の考え方でした。
販売価格の引き下げを要求しましたが、「値段をつけるのは売り主の勝手や」と一蹴されます。こう言われては私も収まりません。「なら、作るのは作る側の勝手やよって。もう作りません」。こうたんかを切って製造を打ち切ってしまいました。それが64年11月です。』
この後の内容は次号に続きます。


-
お試し診断はこちら