経営サポート隊通信 | 大阪の経営支援ならプラス・パートナー
経営サポート隊通信
経営サポート隊通信

Vol.104 2020年8月号

2020年08月03日

8月になりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

今月も経営サポート隊通信を元気にお届け致します!

 

【河合由紀子のちょっとイイ話】

今月は、先日たまたま目にした記事をご紹介したいと思います。

日経ARIAの「人生はいつもクラッシック」という特集で見つけたものです。“クラッシック音楽を愛する各界のリーダー層が自身にとって忘れられない一曲と共に人生を語る”という内容なのですが、蓑田秀策さんという方が語られていた内容が印象に残りましたので、その一部を抜粋してご紹介します。蓑田さんは、みずほ銀行役員を経て、現在“一般社団法人100万人のクラッシックライブ”を設立され、代表理事を務めておられます。

私は、人生は400メートルトラックを走るようなものだと思っています。生まれて最初の20年ほどは、学校で勉強という名の直線距離をひた走り、大人になる準備をする。ここで成績がいいからといって、そのまま人生を一番で走り通せるとは限りません。社会に出て行く最初のカーブをうまく曲がりきれない人も中には出てきます。

ひとまず社会に適応できた人は、10年くらいかけて必死に仕事を覚えます。そしてこの道でやっていこうと思い定めたときに、次の直線が始まります。よりよい銀行員になろう、もっとビジネスで成功しようと一心に上を目指す。これが50歳くらいまで続きます。世間が「この人はどんな人か」ということを見るとき、大体この直線で成果を上げたかどうかで判断します。でも、人生はここでは終わりません。

成功した人もそうでない人も、次のカーブを曲がらなくてはいけない。それは、一線を退いていくというカーブです。ものすごく成功して偉くなった人が、往々にしてこのカーブをうまく曲がりきれないということが起こります。「俺は大会社の社長だった」という人が、町内会で無意識のうちに横柄な態度を取って「おかしな人」と思われてしまったり、大変なお金持ちになった人も、お金があり過ぎて何をしていいのか分からなくなってしまったりするんです。

一線を退くカーブを曲がった先には、人生最後の直線が待っています。今までの直線には、いい成績で卒業するというゴール、仕事で成果を上げるというゴールがありました。でも最後の直線の先にあるのは死だけ。そこをいかに走るかが、人生の豊かさを決めるのではないか。』

人生の局面を考える際に、とても分かりやすい考え方だと感じました。今、自分は人生のどんな局面にあるのかを考えることは、これからの10年、5年、1年で何をしていくかを選択する際に重要な要素になると思います。目の前のことに、一生懸命取り組むことはとても大切ですが、少し立ち止まり、人生を俯瞰することで、これからの方向性を大きく変化させることにつながるかもしれません。

 


Vol.103 2020年7月号

2020年07月01日

7月になりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

今月も経営サポート隊通信を

元気にお届け致します!

【河合由紀子のちょっとイイ話】

(『致知』2020年4月号「生涯、茶の心で生きる」千玄室 より)

今月は、茶道裏千家の前家元で現在数え年98歳になられる千玄室氏の講和記事から抜粋してお届けします。

千玄室氏は千家の長男として生まれ、茶道と共に武家作法で鍛えられたと言います。そして、昭和18年大学在学中の20歳になったころ徴兵検査を受け、特攻隊の編制に加えられます。出撃命令が下り、隊長に呼ばれていくと、突然の「出撃命令取り消し」。忸怩たる思いを抱えながら、京都の実家に戻り、大徳寺で禅の修行に打ち込み、その後、アメリカでお茶の普及活動をするなど活躍の場を広げていきます。

松下幸之助氏が千玄室氏の父の弟子だったこともあり、松下氏が京都に滞在する際にはお屋敷の中に作られた茶室で朝の8時から茶室の準備をするのが常だったそうです。松下氏は「お茶というのはほんまにええもんや。どんな人にも、たった一碗のお茶を、いかがですかと勧め合う。点てていただいた方には、いただきますと感謝をする。こんな教えがどこにある。お茶だけや」と千氏に伝えたといいます。そんな松下氏にまつわるエピソードが紹介されていますので、そのまま抜粋します。

『ある日、松下さんが「僕は大阪のロータリークラブの会員やけど、あまり例会に出席していない。きょう京都のどこかでやっているところがあったらぜひ出たい」とおっしゃったことがあります。たまたま北ロータリークラブがやっておりましたので、先方には何の連絡もせずにそこにご案内いたしました。松下さんが来られたというので、もう皆びっくり仰天です。それ以上に驚いたのは松下さんがご自分から名刺を出し「私、松下幸之助です」と一人ひとりに頭を下げて挨拶を始められたことです。天下の大実業家の松下幸之助さんが自分から頭を下げて名刺を出されるのですから、これには誰もがひっくり返りました。「実るほど頭を垂れる稲穂かな」とはこのことだなと私も思わず唸りました。』

千氏は、こうして自分が生かされているのは多くの人たちが命を繋いでくれたお蔭だということを決して忘れてはいけない、生きていく上で大事なのはまさにここなのです、と語っています。

特攻隊に配属されながら出撃直前で出撃が取り消され、偶然助かった命ですが、その時の空虚感は今でも続いているそうです。そして、亡くなった戦友に対していまもなお本当に忸怩たる思いを持っておられます。しかし、これまで元気で長生きできたのは、仲間が生かしてくれたのだ、仲間が自分の分も頼むぞと思って守ってくれたという思いを胸に、そんな仲間の分まで頑張ろうと生きてこられたそうです。

そんな千玄室氏は、現在「一盌(いちわん)からピースフルネスを」の理念を掲げ、日本・国連親善大使、ユネスコ親善大使等の国際的要職につき、また、茶道の普及のために国内外を飛び回る活躍をされています。元気で生き生きと、生かされていることに感謝しながらいくつになっても活躍されている姿、お手本にしたいです。


Vol.102 2020年6月号

2020年06月01日

6月になりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

今月も経営サポート隊通信を元気にお届け致します!

 

【河合由紀子のちょっとイイ話】

ここ数カ月、新型コロナウイルス関連の情報を目にしない日はなく、経済、生活に直接影響を及ぼしているだけに、精神的に疲れている方も多いのではないでしょうか。企業の倒産、政府の政策への批判、自粛警察と呼ばれる相互監視社会のような状態にも、心が痛みます。

しかし、立ち止まってはいられません。また、悲しいことばかりでなく、心温まるお話も目にする機会が増えているように思います。私事ですが、20年来、半年に1度集まる気の置けない仲間がいます。しかし、コロナのため集まることができず、寂しく思っておりましたところ、裁縫の得意な人は手作りマスクを、料理の得意な人は自家製の瓶詰やリキュールなどを、仲間たちが互いに送りあって楽しんでいる様子が共有されました。オンライン飲み会、医療機関等への食事の差し入れ、他にも様々な工夫により温かい繋がりが保たれていることにホッとしています。これらの情報は全てインターネットで得ました。事業でもプライベートでも、これからますますインターネットはなくてはならない存在になると感じます。

ところで、オンライン版日経ビジネス(2020年5月13日)に『「コロナ後」の経営を描く3つの視点』という記事を見つけましたので、内容を要約して共有させていただきます。

『1つ目はコロナで工場や店舗を休んでいる間に、企業としての価値を高めることだ。(略)平時には日々の仕事に追われ、新規事業や仕事の効率化をじっくり考える余裕は少ないだろう。しかし、今なら現場でアイデアを試す余裕はたっぷりとある。種をまくことが将来につながる。

2つ目は、社内の人材教育に力をいれることだ。コロナが収束して業績を回復させるとき、原動力になるのは人材だ。社員の雇用はできる限り維持し、今のうちにスキルを身につけさせたい。感染防止のために集合研修などは難しいかもしれないが、在宅勤務のためにノートパソコンを社員に持たせる会社は増えており、ビデオ会議ツールやeラーニングなどの仕組みを使った教育はしやすくなる。会社への通勤などがなくなった分、時間的な余裕も増えるからだ。(略)これまでと違ったコミュニケーションスタイルの浸透は、社内のマネジメントも変えていく。堀場製作所の堀場厚会長は「在宅勤務の拡大で、社員は家でも頑張ってくれているはずという信頼ベースに基づく働き方が増えてくる。トップダウンのマネジメントから、自ら考え、行動する社員によるフラットな組織づくりへの移行が今まで以上に重要になる」と見る。

3つ目に考えるべきことは、事業のオンライン対応を進めることだ。コロナの影響による“巣ごもり消費”の拡大は、年配層など新たな利用者をネット販売に呼び込んでいる。この変化からは中小企業も無縁ではいられない。住宅リフォーム会社(マエダハウジング(広島市))は、ビデオ会議ツールを使ったオンライン相談を強化している。』

変わらずリスクは回避しなければなりませんが、コロナの収束までに次の時代への準備ができるか、既存の考え方にとらわれない、自由な発想がカギになりそうです。


Vol.101 2020年5月号

2020年05月07日

5月になりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
今月も経営サポート隊通信を元気にお届け致します!

【河合由紀子のちょっとイイ話】

昨年末から世界中で感染が広がっている新型コロナウイルス(COVID-19)は、いつ収束するか先が見えない状態で、経済的にも大きな打撃です。

外出の自粛や在宅勤務により人との接触を避けることは、自らの命を守ることに加えて周りの人の命を守ることにもつながりますので、できることは全てすべきだと思います。一方で、このような状態が長引くことを前提にすると、経済活動を止めるわけにはいきませんので、ギリギリのところで様々な判断が迫られます。そこで、その判断基準について考えたいと思います。

今は非常時ですので、まず生きることが最優先です。企業にとってお金は命です。融資、助成金や補助金を最大限活用して手元資金をできる限り増やすとともに、支払いを猶予してもらえるものはすべて支払を伸ばします。具体的には税金、社会保険、借入金の返済、固定費(例えば家賃等)などの支払い猶予です。また、固定費についてはこの機会に見直すことも有効です。

従業員の雇用について、維持が可能かどうか検討します。その前提となるのが売上ですので、売上の短期予測をします。売上は社会情勢の影響を大きく受けますので、同業者などからの業界の情報の収集と、自社へのその影響の検討が必要です。そのうえで、最悪のシナリオと楽観的なシナリオを描きます。削減できる経費は全て削減し、支払いも伸ばすことができるものは伸ばしたとして、キャッシュがどうなるかをシミュレーションします。資金のショートが目に見えてどうしようもない場合は、希望退職を募ることも視野に入れなければなりません。

働き方については、これまでの常識を見直し、在宅勤務の可能性を探ります。ただ、モノづくりなど現場があっての業種では、出社せずに仕事をすることはできませんので、通勤の仕方の工夫や、社内での衛生面でのルールの徹底を浸透させ、社内感染者が出た場合のルールも明文化しておきます。

今が大変な時ですので、なかなか考えにくいかもしれませんが、できればアフターコロナについても検討をお勧めします。喉元過ぎれば熱さを忘れると言いますが、この危機が落ち着けば、ある程度はこれまで通りの働き方、取引に戻ってくると私は想定しています。しかし、海外に依存している製品の国内回帰も考えられます。また、在宅勤務を経験した企業では、多様な働き方を選択できるようにすることにより、労働力の確保が可能になる可能性があります。ただし、教育やコミュニケーションの問題など解決すべき課題はあると思います。

大きな流れで考えますと、アナログの大切さの再認識と人に優しいデジタルの進化の必要性が浮き彫りになってくると感じています。結局人間は生物ですので、衣食住を満たし、その上で精神的に満たされたいという欲求は変わらないでしょう。世界の各国の立場の変化など環境が激変した後、主戦場をどこに定めるのか、再度事業の見直しが必要になると感じています。


Vol.100 2020年4月号

2020年04月02日

新型コロナウイルスによる影響が様々なところに
出ていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

おかげさまで経営サポート隊通信も今月で100号!

気持ちは前向きに、今月も経営サポート隊通信を
元気にお届け致します!

【河合由紀子のちょっとイイ話】
私事ですが、現在主人の仕事の関係で日本とアメリカを行ったり来たりしています。本来2月から日本に帰っている予定でしたが、移動時の新型コロナウイルス感染のリスクを考えて帰国を延期したため、アメリカに留まっています。この記事を書いている3月下旬は、世界的に非常事態ですが、今月はアメリカでの一般的市民の様子をお伝えしたいと思います。
アメリカ中西部のカンサス州で新型コロナウイルスの影響が一般市民に本格的に出始めたのは、3月10日頃だったと思います。まず消毒薬が品切れになり、トイレットペーパー、続いて長期保存のできる食料品が品薄になりました。公立の学校の春休みが終わり3月16日から始まる予定だった授業がなくなり、休みは1週間の予定がさらに延長され8月末までとなりました。スポーツジムやレストランなど人が集まる場所も閉鎖しました。また、イベントも次々中止になりました。日本ではもっと早い時期から同様のことが起こっていたと思います。
一方で、様々な市民の自主的な活動が見られます。学校の給食が教会で無償で配布され、パン屋さんは医療関係者に20%割引、ケーキ屋さんは市内で買い物をしたレシートを持ってきたら20%割引、学校が休みになり家にいる子供をいかに退屈させないか情報をシェア、先生たちが車に乗って住宅街をパレード(ゆっくり窓を開けてクラクションを鳴らしながら走り子どもや家族に挨拶)、スポーツジムはオンラインでエクササイズのクラスを開放、などなど次々色々なアイデアが出され、SNS上で共有されています。
また、風邪をひいてもマスクをする習慣がありませんので、マスクをしている人は見かけません。元々、咳やくしゃみをする際は、肘の内側で口を覆うのがマナーとされているので、そうなのかもしれません。
経済への影響も大きく、対応策として、日本では現在特別融資や助成金などの施策が打ち出されています(下記パンフレットをご参照ください)。しかし、特に中小企業への影響は計り知れず、より大胆な施策が望まれます。
〈パンフレット〉
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf?_fsi=3OmqgmE2


Vol.99 2020年3月号

2020年03月02日

肌寒さが残りますが

草木も芽吹きの準備を始め春ももうすぐそこですね。

それでは、今月も経営サポート隊通信を

元気にお届け致します!

 

【河合由紀子のちょっとイイ話】(『致知』2020年2月号)

今月は、北海道と沖縄でそれぞれ小売業を展開するセコマ社長丸谷氏とリウボウホールディングス会長糸数氏の対談から抜粋してご紹介します。共に事業を承継し、大手に負けない独自路線を開拓し、年商1千億円を超える規模の事業に成長させている両氏の対談には様々なヒントがあります。
糸数 丸谷さんがシティバンクからセイコーマートに移られたのはどういうご縁だったのですか?
丸谷 銀行時代の先輩がセイコーマートに勤めていまして、後継候補として以前から誘われていたんですよ。50を過ぎたら地元に戻ろうと思っていたこともあり、創業者の赤尾昭彦と会ったんですけど、彼の考え方に非常に感銘を受けて入社を決めました。
糸数 どんなところに感銘を受けましたか?
丸谷 たくさんありますが、何よりも小売の発送じゃなかったということですね。ある時、面白いことを言いましたよ。「丸谷さん、クロネコヤマトって小売業だよね」と。「いや、あれは物流業じゃないですか」と返すと、「いや、そうなんだけど、よくよく考えると、代引きっていうのは物を渡してお金をもらうよね。これは小売業じゃないか」と。
糸数 鋭い洞察力ですね。
丸谷 それで私は、小売業の根幹はいかに物流させるかだと思ったんです。特に我々は60坪くらいの小さいお店で、しかも物流距離が長いですからね。(中略)効率的に届けることが売ることに直結する。モノを売ることはモノを届けることに等しい。これはすごく肚に落ちました。(中略)』
その後、2013年にリウボウホールディングスの社長に就任した糸数氏が当時の様子を語ります。
糸数 その時、百貨店は4年連続赤字で、しかも転がるように業績がマイナスになっていたものですから、既に行政からイエローカードを突き付けられていたんです。(中略)「友の会」の運用をやめてもらうと共に、全国の百貨店で使える共通商品券の対象からも外すと。これって百貨店を閉めろと言っているようなものですよね。それで全社員を集め、いま我が社は相当の危機にあるんですよ、とにかく1円でもいいから黒字にならない限り存続できませんよ、と伝えました。まず感じたのは、毎年毎年同じような営業展開ばかりやっていて変化が全くないんですよ。この時代に新しいことを取り入れず旧隊依然としたままでは、当然お客さんは来ません。(中略)既存の業務を「磨く仕事」と「変える仕事」に分け、ベテラン社員には「磨く仕事」を、中堅若手社員には「変える仕事」をしてもらい、業務のあり方や生産性を根本的に見直したんです。社員のみならず取引先にも協力してもらい、1年で8千万円ほどの黒字を出すことができました。』
ほかにも、興味深い話がたくさん出てきています。ご興味のある方は弊社までお知らせください。全文をお渡しいたします。


-
お試し診断はこちら